エルメスオンラインの出戻り再出品とは?狙い方を詳しく説明します


エルメスオンラインでの張り込みが上級者になってくると、ついさっき出たスペックが再出品される頻度の高さに気付くと思います。

それこそが出戻り再出品です。


実はメルシー報告の中には、一度は逃したけど出戻りでメルシーに成功した!という体験談が少なくありません。

諦めきれないスペックは出戻りの可能性に一縷の望みをつなぎましょう。

本記事ではエルメスオンラインの出戻り再出品の傾向と狙い方について解説していきます。


目次

出戻り再出品とは

エルメスオンラインでは一度出品して誰かが購入完了した商品が何らかの理由でキャンセルされ、再出品されることがあります。

これを出戻りとか戻りとか呼びます。

出戻りが発生する理由はいくつか考えられますが、基本的には何らかの原因で先に購入した方の注文がキャンセルになったと考えるのが妥当です。


クレジットカード都合キャンセル

これはもしかすると一番多い原因かもしれません。

エルメスオンラインでは決済金額が高額なため、クレジットカード会社のセキュリティシステムが発動し決済を受け付けないことがあります。

この場合、一度メルシー画面が出てカード会社の決済にまわったあとにキャンセル処理が入ります。

カードキャンセルと呼ばれる事象で、せっかくメルシーできたのにクレカ都合でキャンセルされてしまった・・・と残念な報告は結構いただくのです。

そのため、私は決済に強いクレジットカードを使用することをおすすめしています。(おすすめはアメックスです)

でもエルメスオンラインのためだけにわざわざクレジットカードを新規申し込みする人はそんなに多くないので、みなさんだいたい自分のメインカードを使われます。

私が聞く範囲でもかなりいますので、陰ながら結構な件数起こっているキャンセル現象だと推測します。


自己都合キャンセル

購入者都合によるキャンセルもあり得ます。

自分から申し出る場合、エルメスオンラインに電話でキャンセル希望だと伝えるとすぐに処理してもらえます。

「せっかく買えたピコタンをやすやすとキャンセルする人なんているの!?」と驚く方もいると思いますが、実は結構います。

オンライン上級者になると、慌てて購入したけどやっぱりほかのスペックを狙いたいと考え直すという方はかなりいるんです。

激戦なので迷っている暇はないんですよね。

なので自己都合キャンセルも結構起こっていると思われます。


購入審査によるキャンセル

エルメス側の審査によってキャンセルされる場合もあります。

ご存じのとおり、エルメスオンラインでは購入制限があります。

エルメスオンライン 購入制限対象商品と制限内容について

– レザーバッグ:すべてのレザーバッグご購入において、モデル・サイズ・カラー違いも含め、同日おひとり様1点まで

– 特別制限対象商品:バッグ《ピコタン、ボリード、ガーデン・パーティ、リンディ、エヴリン・アマゾーヌ(16)、イン・ザ・ループ、24/24》、財布《ケリー、コンスタンス、シェーヌ・ダンクル、ヌーヴォー、ベアン》ご購入において、年間(1月~12月)おひとり様いずれか合わせて2点まで
※各カテゴリーごとに2点ではなく、合計で2点までご購入が可能です。(同カテゴリーより2点のご購入も可)
※上記モデル名を含むカテゴリー全般が対象となります。

– ロデオチャーム、カードケース 《カルヴィ》、小銭入れ 《バスティア》、カードケース 《ベアン》、キーケース 《ベアン》ご購入において、おひとり様同月それぞれ1点まで
※1月に1点ご注文された場合、月が変わり2月以降になりましたらご注文いただけます。
※上記モデル名を含むカテゴリー全般が対象となります。

– ツイリー:同日おひとり様10点まで

– ミニ・ポップH:ペンダントとピアス(商品番号がH147992F/H608002Fで始まる)について、同日おひとり様合わせて2点まで
※商品番号は商品ページ画面右下よりご確認いただけます。

その他、Apple製品やビューティ製品等対象商品につきましては各商品ページ [ショッピングバッグに追加する] ボタン下に詳細を掲出しております。
ご購入制限数を超えた場合、超過分については自動キャンセルとなりますこと、また、購入制限対象商品と制限内容については予告なく変更となる場合がございますこと、あらかじめご了承ください。

エルメス公式オンラインブティックFAQより

購入制限をオーバーしている場合は自動で決済が弾かれる仕組みはないようで、後からエルメス側にキャンセルされる流れだと思われます。

上限数を超過していないかの確認に加えて、同住所が疑われる場合はアカウント審査が入る可能性もあるようです。

エルメスに指定された期日までに本人確認書類を提出しないと注文がキャンセルされるそうです。

BOTや転売ヤーによる購入だったらしっかり審査してちゃんとキャンセル処理してほしいですもんね。
エルメスさん、どうぞよろしくお願いします。

このように、購入手続き完了後のキャンセル処理は様々な理由に起こる得る状況となっています。


【出戻りの狙い方】戻るタイミングのパターン

では、一度キャンセルされた商品が再び購入可能となって在庫に戻ってくるタイミングはいつなのでしょうか。

まずは出戻ってくるタイミングのパターンがいくつかあるので、覚えておきましょう。

2~3分後に戻ってくる場合

一度売り切れた後、すぐ出戻ってくることがあるようです。

「カートインできたけど決済には進めなかった。でも、カートに残っていたからボタンを押し続けていたら突然決済に進めた!」という話をたまに聞きます。

エルメスオンラインでは出戻り対応のための仕様なのか、売り切れた後も一定時間は商品ページが残り、カートインボタンも押せる状態で残っています。

一度在庫なし表示になったあとにまだ在庫が舞い戻ってくることがあるので、押せるボタンが残っているうちは押し続ける・リロードし続けることが重要なのです。



数時間後に戻ってくる場合

数分後には戻ってなかったけど、数時間後に戻ってくるケースもあります。

一度売り切れて商品ページが消えた商品でも、またページが復活して戻ってくることもあったりします。

商品ページが消えずに残っていることもありますし、一度消えてまた復活することもあります。

商品ページは表(バッグ一覧ページ)からは消えても裏(直リンク)では残っていることがあります。消し忘れか?と思うほど長い間残っていることも。ページが残っているっということは出戻りの可能性が(決して多くはないですが)あるということです。


そして、出戻り品がバラバラ出てくることもあれば、ある程度グループ化されて出てくることもあります。

その日の出品がひととおり出たあとに最終グループでまとめてドンと出てきたりもします。

希望スペックが出品された日は出戻りを意識しておいてくださいね。

さらに表でページが消えても裏で残っている場合は特に見張っておくことをおすすめします。


数日後に戻ってくる場合

遅い場合は数日後に再出品になることもあります。

それが再出品なのか新規出品なのかははっきりとはわかりませんが、出品される時間帯や一緒に出品される商品グループから出戻りかな?と推測できるものが結構あります。

希望スペックを逃した後も1週間くらいは出戻りの可能性を覚えておいてください。

自己都合キャンセルやエルメス側の審査によるキャンセルの場合は購入完了からキャンセル処理までに日数がかかるケースがあるので、数日経った後の出戻りがあることも理解できますよね。


このように、出戻りのタイミングは画一的ではなくキャンセル事由やエルメスオンライン側のシステム仕様で出戻ってくるタイミングが異なります。

なので戻りを狙うにしてもどのタイミングで張り込めばいいかは明確には答えられません。

希望スペックを逃した後、商品ページが残っている間は特にぬかりなくリロードを続け、さらに1~2週間くらいは出戻りがあり得るかもという期待を込めて見張っておくということが重要です。


【出戻りの狙い方】いつまで粘るのか

いつまで粘るべきか、答えはシンプルです。

粘れるだけ粘りましょう。

押せるボタンがあるうちは押し続けます。


① カートから消されるまで

カートインできたのに決済負けした場合、しばらくの間商品がカートに残っていることがあります。

この場合、ひたすら「ご注文手続きへ」のボタンを押し続けましょう。

在庫が出戻ってくると、あるとき突然するするッと決済ページに進めることがあります。

在庫が戻ってこない場合は少し経つと自動でカートからも消されますので、粘れなくなります。

消されるまでは粘りましょう。


カートインボタンがグレーアウトするまで

ボタンが押せるうちはカートインを試み続けましょう。

売り切れると消えるのが基本ですが、残っているということは出戻ってくる可能性があります。

「大変恐れ入りますが、このアイテムは現在在庫がございません。」と表示されると思いますが、在庫が復活すればカートインできることがあります。


③ 商品ページが残っているとき

商品カートインボタンがグレーアウトして押せなくなっている時も、在庫が復活すればボタンも復活しますのでひたすら商品ページをリロードして待ちましょう。

同時に出た他スペックの商品ページが消えたのにそのページだけ生き残っている場合は戻りがありそうだと期待してしまいますね。

商品ページが残っている時はひたすらリロードを続けください。


粘れるだけ粘る・・・いつまで?

実は商品ページだけ残るというパターンは結構あって、売り切れたはずなのにページは何時間も残っていることはよくあります。

こういうとき、粘れるだけ粘ると言っても、具体的に何時まで粘ろう・・・と悩むことも多いです。


出戻りは出品されてから起こる現象なのでライバルは多いです。

なので競争率は高くなっている状態です。

新規出品の場合は早期に出品に気付いている人が少ないので気付くタイミングが早いほどカートインしやすいですが、出戻りの場合はすでにそのページに人が多く集まっていることが多いのでカートインも簡単ではありません。

在庫が戻ってくるかわからないということ、ライバルが多く勝率は決して高くない方法であるということから、忙しい時や気分が乗らない時には粘ることはあまりおすすめしません。

特に優先順位が低いスペックの場合は低い成功率にそれだけの労力をかけるのはもったいないです。


でも絶対に逃したくない希望スペックだった時は望みを捨てずにがんばってください。

とにもかくにも、粘れるうちは粘る

エルメスオンラインではとにかく自分の手を動かして努力を続けることこそが勝ちの鉄則です。


なお、粘り勝ちでメルシーされた方からの報告の最長記録は3日間です。

3時間じゃないですよ、3日間です。約72時間。

カートインに成功して決済負けしたピコタンがカートに残ったままだったので、ずっと「ご注文手続きへ」ボタンを押し続けたのだそうです。

といっても3日間一睡もせずにボタンを押し続けたわけではなく、空いている時間は常にボタンを押し続けたとおっしゃっていました。

すると丸3日経ったあとにするするッと決済に進めたとお聞きしました。

かなりレアケースですが、ご参考まで。


出戻り再出品:まとめ

エルメスオンラインでは一度売り切れになった商品は、先の購入者の事情でキャンセルとなり、在庫が復活することがあります。

なので一度売り切れになってもまだボタンが残っているうちは挑戦し続けましょう。

ただし、あなたと同じように出戻り再出品を狙って粘っている方がたくさんいます。

必ず出戻りが起こるとは限りませんし、出戻りの発生件数は多くないため競争率が高くなる傾向がありますが、実際に出戻りで希望スペックを購入できた人はいますので、無理のない範囲でがんばってください。


戻りを狙うという作業は非常に地味です。

でも、どうしても欲しいスペックだった場合は可能性が0.1%でもあるうちはがんばりたいですよね。

エルメスオンラインは地道は努力をした者だけが勝てます。

がんばりましょう!


この記事が気に入ったら
フォローしてね!

この記事をシェア
  • URLをコピーしました!
目次